保険料が安い♪妊娠中も入れる♪出産でも給付金をもらえる♪おトクな医療保険大調査!
女性の医療保険には、2つのタイプがあるんです!
女性にホントにうれしい医療保険ランキングBEST5
あなたなら、どちらのタイプを選ぶ?
HOME » 【女性向け医療保険】こんなとき給付金を受け取れる?  » 子宮筋腫・子宮がん・乳がんで手術しました

子宮筋腫・子宮がん・乳がんで手術しました

ここでは、女性特有の病気で手術を受けた際に給付金を受け取った方たちの体験談をご紹介します。

子宮がんや乳癌のリスクに備えて良かった!体験談を紹介

乳癌や子宮頸がんなど、女性特有の病気にかかる方が増えていますが、定期検診で早期に発見し、治療できた方も多いようです。
しかし、癌の治療なんて、いくらかかるんだろう?と、お金のことを気にしてしまいますね。保険に入っていたので、金銭的にも精神的にも負担が軽くなったという体験談をいくつか見ていきましょう。

乳癌で手術

ちょうど30歳になった時に、会社の定期検診で乳癌とわかり、手術を受けることになりました。早期に発見できたので、半月ほどの入院と、その後は通院でした。早く手術できたので完治できて、本当に良かったです。

保険料はちょっと高めでしたが、就職してすぐに入っていた保険が役に立ちました。

 入院給付金:15日間225,000円+手術給付金:200,000円

子宮がんで手術

定期健診で子宮がんが見つかり、手術をすることになりました。入院は2週間かからずに済み、少し驚きでした。保険は、入院費の足しになったので、入っていて良かったと思います。

 入院給付金:10日間100,000円+手術給付金:100,000円

子宮筋腫で手術

保険の見直しをしておらず、古いタイプの保険だったので、5日以上の入院で保険がおり、うち4日分は不担保でした。給付金をもらうのに診断書が必要かどうかなどを調べているうちに、最近は安い保険料のものがあることを知り、無駄な保険料を払い続けて来た自分を反省しました。

 入院給付金:8日間20,000円+手術給付金:50,000円

女性特有の病気、一般的な病気に関わらず、癌などでも、早期発見なら完治することができる時代になりました。入院して手術、その後は通院なども必要ですが、その費用を少しでも保険でまかなえれば、精神的にも負担が軽くなりますね。

最近は安い保険料でも保障をしてくれる保険があるので、保険料と給付金のバランスを見ながら自分に合った保険を見つけましょう。

2種類の女性専用医療保険、あなたはどちらを選ぶ?

 
キソからやさしく保険を解説&女性にうれしい医療保険ランキング