保険料が安い♪妊娠中も入れる♪出産でも給付金をもらえる♪おトクな医療保険大調査!
女性の医療保険には、2つのタイプがあるんです!
女性にホントにうれしい医療保険ランキングBEST5
あなたなら、どちらのタイプを選ぶ?
HOME » 【女性の医療保険活用方法】病気・ケガ・出産を乗り切るために

【女性の医療保険活用方法】病気・ケガ・出産を乗り切るために

ここでは、女性保険という保険商品について、他の保険とのちがいやオトク度などを見ていきます。また、女性保険に加入することで、どんなメリットがあるのかも、分かりやすく説明します。

まず確認!女性保険と医療保険のちがい

当然ですが、女性保険も医療保険のひとつなので、月々の掛け金(年払いや一括払いの場合も含む)を支払い、該当する症状や治療方法に応じて保険金を受け取る、という仕組みに違いはありません。

「女性特有の病気」という言葉が独り歩きしていますが、通常は普通の医療保険でも、乳がんの治療や帝王切開での出産、子宮筋腫の摘出手術も、保障の対象になります。

女性保険というのは、こうした「女性特有の病気」に対して、特に手厚く保障しているものです。

その分、保険料が上乗せされていたり、男女を問わない病気に対しての保障がやや薄くなっていることがあるので、「女性特有の病気は気にならない!」という人にとっては、バランスが悪く見えるかもしれません。

加入する前に、自分は保険をどう捉えているのか、考えてみるとよいでしょう。

女性保険のメリット

メリットとしては、やはり保障の手厚さが一番のポイントです。

ここで、日本人女性のがんに関するデータをみてみましょう。

死亡者数の多いがんは、大腸、肺、胃、膵臓に続く、5番目に乳がんとなります。

ただ、20~40代の若い世代では、乳がん・子宮がん・卵巣がんの死亡者数が多いというデータがあります。

ちょうど働き盛り、子育て世代に当たるため、忙しくて検診にも行けなくて…という方が多いためとも言われます。

もし、発見された場合には、すぐに治療を開始する必要があります。

30・40代は家計のやりくりも気になる世代。かといって、自分の治療費を後回しにするわけにはいきません。

その時に、女性保険に加入していれば、治療や入院に対して、手厚い保障を受けることができます。

もちろん、女性特有の病気でない場合や、事故によるケガでも、ちゃんと保障対象になります。

月々の保険料を気にするよりも、もしもの場合に備えることが大切です。お手頃な女性保険も増えているので、色々比べてみるとよいですね。

がん罹患数では1位が乳がん、5位に子宮がんが入っています。かかりやすい病気があるからこそ、対策をしておくことが大切なのです。

では、女性医療保険の活用方法について、トピック別に見ていきましょう。

 

 
キソからやさしく保険を解説&女性にうれしい医療保険ランキング